作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏のラジオでの発言を中心にまとめたブログです

主任分析官ブログ | 佐藤優発言集

くにまるジャパン 佐藤優 前原誠司 国会 安倍総理 小池百合子

【佐藤優】自民党分裂?!前原氏の狙いは政界再編

投稿日:2017年10月7日 更新日:

2017年10月6日放送の文化放送ラジオ『くにまるジャパン極』にて、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏が、希望の党前原氏・小池都知事の目論見と政界再編の可能性を語った

 

希望の党の代表を務める東京都の小池知事が衆議院選挙への出馬を固辞したことを受け、希望の党は今後、選挙後の総理大臣指名選挙の候補選定に向けた調整を進めることにしています。小池氏は他の党との連立も視野に対応を検討する考えです。こうした中、一方安倍総理大臣は選挙後の希望の党との協力に関し、選挙の結果、実際にどういう姿になっていくかだと述べ関係の構築に含みを残しました。

スポンサーリンク

やけに弱気な安倍総理、獲得議席次第で総理交代

(野村邦丸)安倍総理は、選挙の結果で実際にどういう姿になっていくかだと言う事は、もうすでに選挙後のことを考えている

(佐藤優)それ以上に弱気な発言ですね。あってはならないことだこれ蹴飛ばして、自分はやりたいことがあるから続投する」と言うのが選挙前普通の姿勢だから、腰引けてますね。

今日の朝日新聞で特集記事があります。ここで大きな見出しが「首相生き残りへ攻防」選挙結果で自民党が議席を30減以内なら安倍さんは続投。50を超えて減らしてしまったら、安倍下しが自民党内に起きるということで、選挙結果の自民党の獲得議席によって大きく変わりそうだという記事ですね。裏返してみると 30から50議席減の間だったら何が起きるか分からない、極めて流動的だということですよね。だからかなり厳しい見方をしてると思うんですけどね。

前原氏は政界再編を描く

今回のポイントは意外とみんな指摘してないんだけど前原誠司さんだと思うんです。

小池さんは実は揺れてたの。要するに小池さんがやろうとしたのは、希望の党が一種の受け皿になって政権交代なのか。それとも安倍政治をやめさせる、すなわちを与党の中に手を突っ込んで安倍総理を辞めさせるかって事はっきりしてなかったですよ。前原さんは最初から政権交代とは言ってないでしょ。

(野村邦丸)はい

(佐藤優)安倍政治を辞めさせる事でしょ。そうすると大きい意味で前原シナリオなんですよね。今回ものすごい面白いのは、結局、民進党って言うは使い物にならない政党だった。あのまま突っ込んで行ったらですね、前原さんは朝日新聞で30から50議席と言ってた。私はそれもかなり楽観的な観測で、20議席台、公明党以下になる可能性もあったと思うんですよ。そこで結局、希望に行く人達と、立憲民主党と、無所属という人達に別れる。国民からすると立憲民主という新しい選択肢が生まれたわけですね。あと保守政党が2つ生まれて、保守政党同士で自民党と食い合うという。こういう構図になってきたということで、政局の流動化には成功させたのですよ。

となるとこれから希望がどの程度取るか・自民党が失うかよって、何でもあるって事ですね。

(野村邦丸)希望の党が出てくる前の選挙予想だと、自民党はある程度議席は減らすだろうけども、民進党も10から20上積みできると目論んでいましたね。

ところが民進党が多少獲得議席を延ばしたとしても、実際安倍政治というのは変わらないと言う。それを一気に変えたのが今回の希望の党ということなんですけれども。

前原さんは安倍政治を辞めさせる。それでは一貫している。小池さんは揺れた。

(佐藤優)小池さんは揺れたと見ているんです。ここの所が両者の違いで、どうも前原さんが前の方に出て、むしろ目立つ感じで昔はやることが好きだったんだけれども、今は後ろで絵を描く側に回ってきた感じがしますね。だいぶ迫力出てきた感じするんですけどね。

政権交代よりも安倍下ろしを狙う

(野村邦丸)前原さんは昨日も小池さんにお会いになってますよね。なんとか小池さんに衆議院選挙に出馬して下さいとお願いした。この本意はどうなんですか。

(佐藤優)本意ってのは、実は前原さん自身小池さんの本意分からなかったと思うんですよ。

これが分からないことには組み立てが出来ないから。だから組み立てるために聞いてみたってことだと思うんですよ。

それで出ないって事ならならば、与党の中に手を突っ込んでの組み換えになるなと。こういう考えだったんだと思いますよ。

(野村邦丸)与党の中に手を突っ込むというのはどういう事ですか。

(佐藤優)小池さんが一定の議席をとる、安倍総理の責任問題が起きる、そこで「自民党政権でも良いですよ。ただし総理大臣は変えてね。」

そうなったら次どうなると思います?

結構安倍さんはお友達人事をやったんでしょ。恨んでる人いますよね。

そしたら次の政権は排除の論理になるんですよ。

(野村邦丸)安倍さんの次に新しく内閣が発足するとすれば。

(佐藤優)我慢しきれなくなって右の立憲民主党が出てくるかもしれない。すなわち、我慢できなくなって自民党から飛び出してる人が出てくるかもしれない。

政界の再編につながる可能性は十分あると思いますよ。

(野村邦丸)野党再編だけでなく政界の大再編。

スポンサーリンク

安倍総理続投でも、すぐに総選挙がある?

(佐藤優)そう仮に安倍さんになるとしても、議席増減らす。そして今までのような馬力を持って何かができるわけじゃない。例えば憲法改正だってやろうと思ったら、公明党どうですか?非常に慎重姿勢ですよね。公約まで慎重姿勢ですよね。そうするとここでは協力を得られない。

じゃ組み換えをすると。それじゃ公明党の協力得られなくなって小選挙区大丈夫なのか。こういう複雑な数式になるでしょ。だから安倍政権が続いても、近くまた総選挙なんです。

もう一回、論点をはっきりして政界を再編するための総選挙。

安倍さん以外の人が総理になってもそれはいわば選挙管理内閣みたいなもので、また選挙になると思いますよ。

2大保守政党と中堅の中道、リベラルの4政党に再編?

(野村邦丸)今メディアで伝られている小池百合子さんの発言の中で、例えば自社さ政権ってありました。自民党と社会党とさきがけの政権。ここで当時の社会党の委員長の村山富市さんを担ぎ上げて、なんと自民党が社会党の総理を支えるという構図ができた。これはあっと驚く様なことだったんだけど、それも思い起こさせるというような発言をしていますよね。

(佐藤優)でもその前に、たった一日だけだけれども首班指名で小池さんが具体的な名前を出しましたよね。

(野村邦丸)山口那津男公明党代表。

(佐藤優)そう。山口さんは色をなして怒りました。これも一つの変化球ですよね。

だから今の連立与党の中の誰でも良い何も自民党に限らない、公明党があるでしょと。それから自民党の別派閥でも良いと。彼女の考えが固まりつつあるという事だと思いますね。

(野村邦丸)安倍総理、菅官房長官の選挙区は希望の党は対立候補立を立てる予定です。ところが石破茂さん、野田聖子さんの選挙区には立てないとう事なんですね。

(佐藤優)それから公明党の太田昭宏さん。ですからはっきりしているんです。誰と喧嘩をして、誰と手を握るかって言うのが選挙区に誰が立っているかではっきりるわけですね。そうすると安倍包囲網を自民党の中にも手を突っ込んで、状況によっては公明党も巻き込んで、(安倍総理を)下ろす。小池さんと前原さんはこういう事を考えてるんですね。どちらがどの程度考えて戦略を描いているのか見えませんよ。でもこう言った時は姿が見えない方が大体やってるんですよ。

(野村邦丸)という事は前原さんかな

(佐藤優)今、前原さんに関する注目度は落ちてますよね。ただプロの間では(注目度が)意外と高いんですよ。これは面白いことをして触媒にして日本の政治をわかりやすくした。

2大保守政党が政権交代を担っていく。それに対して、創価学会という宗教団体をバックボーンとする価値観を持った中道政党が無視できない影響力がある。そしてまた国際的にはそんなに左翼ではない、中道リベラルぐらいの立憲民主党という政党がある。

この4つの主要プレーヤーで動いていくって言う。こういう政治になっていくわけですよね。

(野村邦丸)選挙後に自民党の失う議席が30をオーバーして50までの間。これグレーゾーンですよね。50を超えればレッドゾーンになって当然安倍さんも責任問題に発展する。自民党の獲得議席次第で随分とこれからの政局が変わっていくという事なんですが

(佐藤優)しかしそれは短期的です。

(野村邦丸)安倍さんが降板したとして、新たな首班指名を受けて総理になる方も、結局は選挙管理内閣。

(佐藤優)私は、その性格は非常に強まってくると思います。ですから今の民進党と自民党は実は極めて似た構造になっていた訳ですよ。両方とも幅が広すぎる。だから自民党と言っても誰の自民党かって言うことで、考えてることから大分違う。

(野村邦丸)民進党解体から自民党解体までつながってる可能性もあるということですか。

(佐藤優)日本の政治が、かつての自民党・社会党の55年体制で対応できなかった。今の自民党・民進党体制も対応できないんですよ。いわゆる2大政党ではなくて、2大保守性・ほとんど主張は変わらない。むしろ人的ネットワークとか個別の問題で少しずつ主張が違う。その2大保守政党と、公明党と、それからリベラルと。大きい政党2つと政党2つ。その4政党制という流れになりつつあると思いますよね。

(野村邦丸)10日が公示で22日投開票。選挙は水物でどういう風が吹くか分かりませんが、これをシミュレーションしている現在の政治家はかなり多いと思いますか?

(佐藤優)多いと思います。でも逆に自民党の今の閣僚とか中堅くらいは「(自民党)調子良いな。希望はだいぶ埋もれているし。それに民進党も分裂したから。また満月だな」こんな感じだと思いますよ。でも幹部クラスだけは非常な緊張感を持っていて、安倍総理は大変な緊張感を持ってます。これは顔にも現れている。〈書き起こしおわり〉

-くにまるジャパン, 佐藤優, 前原誠司, 国会, 安倍総理, 小池百合子
-, , , ,

Copyright© 主任分析官ブログ | 佐藤優発言集 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.