作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏のラジオでの発言を中心にまとめたブログです

主任分析官ブログ | 佐藤優発言集

佐藤優 北朝鮮 安倍総理 防衛省 高嶋ひでたけのあさラジ!

【緊急放送!】佐藤優、北朝鮮のミサイル発射とアメリカ外交のターニングポイントを語る【あさラジ】

投稿日:2017年8月30日 更新日:

2017年8月30日放送のニッポン放送ラジオ『高嶋ひでたけのあさラジ!』にて、元外務賞主任分析官で作家の佐藤優氏が北朝鮮のミサイル発射について電話出演した。

8月29日朝、北朝鮮は事前の通告もなく日本の上空を通過する弾道ミサイルを1発発射しました。弾道ミサイルは、北海道の上空を通過したあと北海道の襟裳岬の東、およそ1180キロの太平洋上に落下したと推定されています。

 

 

北朝鮮は反対方向にミサイルを発射して日本を試した

 

(高嶋ひでたけ)あっちむいてホイ」みたいに(グアム沖へ発射させると言いつつ、北海道方面に)飛ばされて、もしミサイルが日本に落ちてきたなら撃ち落とすことは可能だったのかどうか、Jアラートも含めまして多いに不安を感じました。佐藤優さんはどの様に考えますか。

(佐藤優) 正に「あっちむいてホイ」で、北朝鮮の行っている事はとんでもないです。どうしてかと言うとグアムの方に向けて撃つから日本の中国四国地方は注意しておけと言っておきながら、全然違う方向へ撃っているわけでしょ。要するに日本のイージス艦の配置であるとか、ミサイルの探知能力のチェックをしたわけですよ。

(高嶋ひでたけ)チェックされたんですか!

(佐藤優)ええ。ただこのチェックされたものに対して日本は合格していますよ。

(高嶋ひでたけ)そうですか

(佐藤優)だから察知する能力はあるということなんですよ。

 

スポンサーリンク

大気圏外を飛ぶミサイルは領空侵犯ではない

ただね、一つよく分からないのは今迄と何処が違っているかという事なんですよね。
国際社会と日本の間に温度差があるような感じがするでしょ。その理由は何かというと、実は今回「領空侵犯」が起きているかどうかということを巡る話なんです。

これ以外と注目されていなんですけど、領海というと十二海里でしょ。領空というと日本の陸上と十二海里の上空ですよね。上空だけど高さどれ位までだと思います?実は国際法で決まっていないんです。

(高嶋ひでたけ)そうなんですか

(佐藤優)それで大気圏内が領空と(みなされる)。そうすると物理的に、地上から80kmから120km位を超えると宇宙空間になる。宇宙空間になると使用が全面的に自由です。

(高嶋ひでたけ)宇宙空間はみんなのものであると。

(佐藤優)そう。ミサイルを撃っても良いし、人工衛星を飛ばしても良い。だから日本の上空はしょっちゅうロシアや中国のミサイルが飛んでいるんです。

(高嶋ひでたけ)そうなんですか。言わないだけで

(佐藤優)はいだって当たり前の話だから。あと人工衛星もしょちゅう飛んでいるんですよ。

小野寺防衛大臣が29日午前の会見で、「今回は日本の領空を2分間飛翔した」と発言した。
しかし領空を飛行したら同時に領空侵犯になるわけです。これは重大な国際法違反ですよね。(けれども今回は領空侵犯)とは言わないでしょ。

(高嶋ひでたけ) そうか。

(佐藤優) だから「上空」と報道している。でも上空を通ることがけしからんと言うのなら、毎日世界中の人工衛星に抗議しないといけないわけですよ。

 

日本のミサイル迎撃は完璧ではない

 

(高嶋ひでたけ)もう一つテレビのワイドショーで、北海道方面発射されたら自衛隊はお手上げだと言った人は一人もいないんです政府の方も大丈夫だという言い方なんですけど、本当ですか

(佐藤優)私は(ミサイル迎撃を)大丈夫と思っていないですよ太平洋戦争中の東條内閣の絶対国防圏みたいに、絶対に大丈夫だという話と一緒です。軍事専門家や外交専門家で、ミサイル防衛システム自体が、実際に100%機能すると思っている一人もいないと思います。「機能すれば良いなあ」ということです。

高嶋ひでたけ) イージスアショアだって配備まで数年かかるでしょ。

(佐藤優)その間に更に北朝鮮のミサイル技術が進みますから、イタチごっこになってくる。

北朝鮮の場合はまだ多弾頭といって、ホウセンカみたいに(一発のミサイルが分離して)パラパラと爆弾がいくつも飛ぶ物は出来ていないですからね。ロシアやアメリカや中国は持っていますから。これ多弾頭だったら(イージスアショアで)撃墜できないですよ。

高嶋ひでたけ)一発発射された弾道ミサイルが、着弾のときは核弾頭がばーっと飛び散る

(佐藤優)そうです。10個位に(分裂する。)でも北朝鮮がこの技術持つのも時間の問題です

(高嶋ひでたけ)そうですか

アメリカは北朝鮮の核兵器を黙認する?ターニングポイント

(佐藤優)それですから今、北朝鮮のパキスタン化というリスクが出てきているんです。今回アメリカが、北朝鮮に対する圧力のギアが上がらなかったと見るのか、ギアが下がったと見るのか。難しい所です。

もしかするとアメリカは平和解決で行くと。核兵器と中距離弾道ミサイルまでは認めるという方向で取引するしか無いと、トランプ大統領が舵を切るきっかけになるリスクありますね。

(書き起こしおわり)

-佐藤優, 北朝鮮, 安倍総理, 防衛省, 高嶋ひでたけのあさラジ!
-, ,

Copyright© 主任分析官ブログ | 佐藤優発言集 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.