作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏のラジオでの発言を中心にまとめたブログです

主任分析官ブログ | 佐藤優発言集

トランプ 佐藤優

【佐藤優】トランプ大統領の白人至上主義でアメリカ分断!日米炎上⁈

投稿日:2017年8月25日 更新日:

2017年8月18日放送の文化放送ラジオ『くにまるジャパン極』にて、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏が、トランプ大統領の白人至上主義と外交への影響を語った

 

スポンサーリンク

トランプアメリカ大統領は、南北戦争で奴隷制存続を主張した南軍兵士らの記念像などを撤去する動きが広がっている現状について異議を唱えました。

トランプ大統領は白人至上主義者なのか⁈

(野村邦丸)バージニア州で白人至上主義者とそれに反対する人たちの衝突があり白人至上主義メンバーが車で突っ込んだ。この事に対してトランプ大統領は白人至上主義者も、それに反対する人たちもお互いに悪いとツイッター投稿してる。これはトランプ大統領はおかしいんじゃないか。

(佐藤優)完全におかしい。トランプ大統領の価値観を反映してるわけですよね。トランプが大統領になって、アメリカの中で、克服されたはずの人種差別主義が吹き出してしまっている。非常に危ないです

(野村邦丸)トランプさん自分の支持基盤というものを非常に大事にしてます。未だにKKK(クークラックスクランのメンバーを擁護するような発言までしている。なぜ今そういう風になったのんですか

(佐藤優)今まで他の政治勢力はこういう白人至上主義者を無視してたわけですよ。とんでもない、危なっかいしと。ところがトランプ大統領にとっては、彼らを惹きつけないと大統領になることができなかった。それは今後もそうですよ。
どんなにトランプ大統領がヒンシュクを買うような事しても絶対にトランプを支持してるという3割はこういう人達ですよね民主主義社会においては彼らも一票は一票ですから

だからトランプ大統領の行動はとしては合理的なんです。ただそれがアメリカ社会の分断を強化してる。最終的に国際政治にどの様な影響を与えるかというところは、トランプさん自身考えていないでしょね
それと、もしかしたらトランプさんの無意識の領域で白人至上主義があるかもしれない票が取れるから「私は低学歴の人が好きで、白人がひどい目にあってる」と意図的に、計算して白人至上主義的な事を言ってれば良いんですけどねそれは計算だからこれじゃまずいと思うのなら変えることできるわけです。しかしトランプ大統領の底流に白人至上主義があるとするならば、無意識の領域だから変えられないですね

 

白人至上主義で日本は差別される⁈

例えば国際政治見てみましょうトランプ大統領はイスラエルとアラブでどちらが好きですか

(野村邦丸)イスラエル

(佐藤優)イスラエルでしょうじゃあロシアと中国どちらが好きでしょうか。

(野村邦丸)ロシア

(佐藤優)そうでしょう。もしかしたらトランプ大統領はロシアイスラエルのことを白人国家と思っているのかもしれない。白人国家とは手を握ることができる。こういう発想かもしれない。
だからKKKラックスクラン)の様な勢力に対して「どっちもどっち」程度、あるいはKKK前の代表勇気ある発言だとか言って、トランプを褒めるわけですよね。こういうような所に対して無自覚であるところは、トランプ大統領の心の中にある白人至上主義かもしれませんね。これは(日本にとって)非常に危険です。どうしてかと言うと、黒人だけに対して向うのじゃなくて、歴史的には黄禍論(おうかろん、こうかろん)というのがあるんですね。黄色人たちが災いをもたらすという考え方で、これによって日系の移民が締め出されてたり酷い目にあってるわけですよ。こういうことがぶり返してくるかもしれない。

それで1919ベルサイユ講和会議国際連盟を作ろうとしているときに

(野村邦丸)第一次世界大の収束後今後こんな事が起こらないようにしようと(いう会議)

(佐藤優)ベルサイユ講和会議の中には国際連盟委員会というのがあったんですね。国際連盟で、今後は話し合いで戦争が起きないようにしようと。国際連盟の規約を作る時に、日本が人種差別の撤廃を特別提案したんですよ。今後非常に重要なのは、人種の違いによっての差別を国際連盟でやめないじゃないかと(提案した)。これにイギリスとアメリカが反対して通らなかったんです。

(野村邦丸)えー!イギリスとアメリカなんだ

(佐藤優)はい。人種主義は、実は僅か100年前迄は、国際社会で堂々とアメリカとイギリスが主張したんですよ。

そうするとアメリカでは第二次世界対戦後に195060年代にマーチンルーサーキング牧師らがやった公民権運動で人権の思想がきちんと定着たはずなのに、実はアメリカの底流においては人種主義が眠ってただけで、いま頭をもたげてるかもしれないわけです。

それが北朝鮮のミサイルとも関係してるんです。極端な事を言うと「こんな東アジアで黄色人が争ってる話じゃないか。アメリカを巻き込むな」と。日本に関しても「ミサイル迎撃の機材提供するけど、金は払ってくれよ。」心が通ってる同盟では無いと、言うような感じになってくる危険性あります。ですから、今回のトランプ大統領が透けて見えた人種主義と言うのは意外と恐ろしいとものと思います。日米同盟が重要だといくら外務省や防衛省首相官邸言ったとしても、もしトランプ大統領の中に黄禍論的なもの、アジア人に対する蔑視・差別が出てきた時は、日本の世論も変わってくると思いますね。

ですからトランプ大統領が中国や北朝鮮に厳しいというものが、中国・北朝鮮の国家政策に対して厳しいのか、或いはそこに人種偏見が入ってるのか。ここの所は見極めないと危ないですね。

スポンサーリンク

アメリカは未だに南北戦争を克服できていない

(野村邦丸)芽は出てきていますよね

(佐藤優)芽は完全に出てきます。日本人は、南北戦争を巡ってちょっと火をつけたらアメリカ社会が大変な事になると気づいていないですね。
例えば日本でも童謡で歌う「たおたまじゃくしは蛙の子」あれはアメリカ南部地域では歌えないですから。あの歌は南北戦争の時の北軍のリパブリック賛歌、共和国軍北軍賛歌、軍歌の替え歌です。それぐらいアメリカ微妙なとこあるんですよ。それから南部の方に行くとアメリカ国旗も違うでしょ旧南軍旗を揚げている人達がいますからね。

(野村邦丸)今、南軍の兵士像やリー将軍の銅像を撤去するってこと自体南北戦争は随分と昔の話でアメリカまだ昔の味方という観念が残っていことにびっくりしたんですけど。

(佐藤優)そういうことになるんですよただ南の方からするとね、風と共に去りぬ』で、アトランタが最後に火をかけられて大変なことになりますよね。この民間人も含め絶滅戦争始めたのはリンカーンなんですよ。

日本だとリンカーンが勝利したのは、奴隷解放を考えていて人権において非常に秀でた人だから、その価値観の勝利みたいな感じで捉えてるでしょ。それは北軍史観なのです。そうじゃなくリンカーンは独自に軍事を研究して、戦争というのは背後の民間人やインフラを含めて全部やっつける、こうすれば勝てるんだと。こういうやり方をしたわけですよ。だから未だに南部から恨まれてる。

(野村邦丸)勝てば官軍じゃないけども、北軍の論理を日本人も学んだ

(佐藤優)そうなんです北軍は勝ち組だから。でも南軍は明治維新と関係するんですよ。明治維新の後アメリカかお雇い外国人が来るでしょアメリカで仕事が無くなった南軍系が多いの。それから南北戦争で余った武器が明治維新に流れてきて、これが官軍を強化するわけですよ。
そういった事を含めて南北戦争は日本と非常に関係してるんだけど、ここはアメリカでは蓋をしてるとこなんです。

なん北部バージニアみたいなに南軍の銅像があるのかと言うと、融和のシンボルだったんですよね。アメリカの過去歴史にはいろんなことがあった。差別主義者言う事だったらワシントンだって二代目のジェファーソンだってそうですから。そこの所にトランプが出てきたことによって、一体なんなんだこのアメリカはという事で反トランプの人が、人種差別が再び起きるんじゃないかと懸念してリー将軍の銅像を倒せとやった。ところがこれはトランプを支持してる人あるいは旧南軍にシンパシーを持つ人から見ると、今まであったものを除去するって言うのは、反トランプが最初に状況を変化させたんじゃないかなってくるわけですよ。それでお互いに憎しみの連鎖が起きてついに死者まで発生したってことですよね。

アメリカの場合は南側の人も北側の人もみんな銃持ってますからね。もし何かあった場合通常の警察力では抑えられないような不測の事態すら考えられるんですよ。
だから大変な状態になってますね。

(野村邦丸)その話って20世紀はおろか19世紀の話までさかのぼって、対立の火種は消えたのではなくまだいつでも燃える状況にあった。

(佐藤優)そうなんです。それが今回初めて明らかになったんで、みんなびっくりしているんですよ。アメリカはまだ南北戦争を克服できていなんだと。

アメリカにも良識はあるが、権力者に良識がない。

(野村邦丸)白人至上主義が台頭しかねい話ですよね。

(佐藤優)トランプは氷山の上の方に過ぎないんで、氷山の下の方にたっぷりのトランプ的な白人至上主義者がいることになると、アメリカは以外とめんどくさいですよ。
価値観が一致できる自由民主主義、人権という価値観を、本当にアメリカと共有できるのかどうか。むしろ我々の方から異議申し立てをしないといけない状況が出てくるかもしれない。

ただ、その上で救いなのはオバマ前大統領のような人が勇気を持って発言する。「こういう人種差別は良くない、憎しみを学ぶことはできるのなら愛学べるだろう」と言ったツイートは、ツイッター社の発表だと史上最大の数の共感が寄せられている。分断されているアメリカなんだけどアメリカの中にも良識がある。ただいま権力を持ってる側の方があんまり良識が無い人だって言うことが問題なんですよね。

 

〈書き起こしおわり〉

-トランプ, 佐藤優

Copyright© 主任分析官ブログ | 佐藤優発言集 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.