作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏のラジオでの発言を中心にまとめたブログです

主任分析官ブログ | 佐藤優発言集

くにまるジャパン トランプ 佐藤優

【佐藤優】トランプ大統領のアメリカファースト政策でアメリカ自滅!日本はAI教育を!【くにまるジャパン極】

投稿日:2017年2月19日 更新日:

2017年2月3日放送の文化放送ラジオ『くにまるジャパン極』にて、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏がトランプ大統領のアメリカファースト政策の問題と、日本のすべきAI教育政策を語った。

アメリカのトランプ大統領は昨日、カナダやメキシコと結ぶ NAFTA北米自由貿易協定の再交渉をできるだけ早期に開始すると表明しました。
トランプ大統領はNAFTAが発行した1994年以降、多くの企業が人件費の安いメキシコに工場を移転し、アメリカの雇用を奪ったと主張しています。
一方、今月10日の日米首脳会談で、日本政府はインフラ投資などでアメリカに70万人の雇用を創出し、日本円でおよそ50兆円の市場を生み出すという内容が盛り込まれることがわかりました。

トランプ大統領のアメリカファーストの経済政策はアメリカの衰退化を招く

(野村邦丸) 現在アメリカの失業率が4%前後。非正規採用の方も結構多く、日本と同じ問題を抱えています。どんどん雇用を増やして行くと果たして大丈夫なのか。

(佐藤優) 大丈夫ではないです。なぜアメリカ企業がメキシコが工場移転させるかと言ったら、賃金が安いのと共に、労働力の質が高いからですよ。
アメリカ国内の労働力の質が低く、なおかつ賃金が高いと言うことだったら、質が悪くて高い製品ができるわけです。この前、専門家が分析したら(アメリカで生産した場合)大衆車で10万円くらい値段が上がるとそうなったら購買落ち込みますよね。プラスにならないのは誰が見ても明らか。だけどトランプを満足させないと。めんどくさいですよね。
それから日本は社会主義国ではないのですから、70万人の雇用や50兆円の市場を生み出すとか約束出来ないですよ。もし出来るのなら、日本国内でとっくにやってますよ。だからこれも実際に実現させると言うことじゃなくて、どう言えばトランプさんが喜ぶかと。
孫正義さんに学べということですね。喜ばせるために、いろんなこと言えばいいと。できるかどうかは後で相談と。これでいいわけでしょ。
トランプもそれで良いわけですよ。なぜなら中間選挙に勝つことだけを考えているから。それまで一生懸命やっているというイメージが出れば良いと。
そう言った形で一生懸命やってるふりを、みんなすると言う。少しは成果が出ればいいとかでしょね。

アメリカを反面教師に、日本は理数教育の充実を

(野村邦丸) (トランプ大統領に)随分と振り回されて。

(佐藤優) アメリカ第一主義のトランプ大統領にみんな振り回されてる訳ですよ。日本はこれから重要なのは、早く小中学校高校の理数科教育を強化してAIに対応できる体勢を作らないとならない。日本の場合、異常な偏差値競争のために文系学校の入試から理数外したでしょ。しかも一貫性の学校は偏差値が高い文化系に入れる為に、中学から理数投げちゃっているでしょ。この結果何が起きるかというと近未来の AI 化に対応できる人は少なくなってくる。AIを全く理解できないでブラックボックスの様になってしまう。
アメリカも同じ問題を持っていますよ。これからはAIを制する。製造業の話というのは形だけやっていて、20年から30年後の世界の産業構造どうなるかを考えるとAIのウエイトが極めて高いですから。そこに向けた転換、国策として教育の底上げをしていかないと大変なことになりますね。
アメリカは(トランプ大統領の政策で)潜在的な力が落ちますから、勝手にやらしておけば良いのですよ。

(野村邦丸) 日本は、ロボット工学では世界をリードしてると言われるけど、AIはアメリカだと言われてますよね。アメリカが地盤沈下する可能性があると。

(佐藤優) こんなことしたら地盤沈下する。要するに製造業にウエイトをおくこと。
もう一つ、投資銀行も規制緩和で力をいれていますよね。結局どこの所がスカスカになると言ったらIT なんですよ。結果としてAIが弱くなってると思う。その隙間埋めるのはイスラエルとロシアだと思う

(野村邦丸) ロシアはAIに対する投資をしているんですか。

(佐藤優) AIに対する投資をしてるとともに、元々AIの考え方が1960年代からサイバネティックスって言う名前にしてたんですけどね、あるんですよ。
これからはAIを制する者は世界を制する、アメリカはそれに気づいてるのに googleとかトランプ大統領が(IT企業の成長を〉止めるような政策をすることによって、今後20年位の中期的にトランプの政策によるダメージ大きく出てくると思う。
競争原理を完全に破壊してはいけないんですよ。メキシコが雇用が出来て質が高くて安い労働力がある。そこで良い車ができてアメリカの庶民に渡るのは良いことなんですよ。
それを人為的な政策で止めるって事は、そういうことやってる国は経済の基礎体力が弱くなります。競争恐れたら駄目ですよ。

トランプ思想の根本はカルヴァン派=自分は選ばれし者

(野村邦丸) 日本はバブルの後の空白の10年と言われてましたけど、アメリカのAI推進が滞った空白の10年間は取り戻すのが大変なことになりますよね。

(佐藤優) 取り戻せない可能性も十分ある。技術革新を理解できる人の裾野ですよね。トランプに関して不思議なのは教育政策がほとんどないことですよ。ですから全部小手先ですよ。ポピュリズムで。
彼はプロレスの興行をやってたでしょ。手法としての成功体験がプロレスが強いと思いますね。それからトランプ大統領(の宗教)は長老派・カルヴァン派で、私と一緒なんですけど。

(野村邦丸) キリスト教ですよね。

(佐藤優) キリスト教の中のカルバン派で、生まれる前から選ばれているという信念を持ってる。成功は最初から決まってる。何か逆境があっても神様の試練で必ず、乗り越えることができる。

(野村邦丸) 打たれ強いということですよね。

(佐藤優) その代わり柔軟性に欠けるんです。彼の宗教性の問題が出てきますよね。

〈書き起こしおわり〉

-くにまるジャパン, トランプ, 佐藤優
-, ,

Copyright© 主任分析官ブログ | 佐藤優発言集 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.