作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏のラジオでの発言を中心にまとめたブログです

主任分析官ブログ | 佐藤優発言集

くにまるジャパン 佐藤優 北朝鮮

【佐藤優】アメリカの北朝鮮への攻撃は時間の問題【くにまるジャパン極】

投稿日:2017年7月8日 更新日:

2017年7月7日放送の文化放送ラジオ『くにまるジャパン極』にて、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏が北朝鮮のICBM後の戦略を語った。

安部総理大臣は日本時間の本日未明、訪問先のドイツ北部ハンブルグで、アメリカのトランプ大統領・韓国のムン・ジェイン大統領と会談し、核ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し3カ国で連携しさらに圧力をかけることで一致しました。

3カ国による首脳会談は、去年3月にアメリカで開いて以来で、アメリカと韓国での新政権発足後は初めてです。

会談では国連安全保障理事会で厳しい措置を含む、新たな対北朝鮮決議が採択できるよう緊密に連携するよう確認しました。

さらにG20でも北朝鮮に強いメッセージを出せる連携することでも一致しました。

スポンサーリンク

国際社会は北朝鮮に対し、最大限のメッセージを出している

(野村邦丸) 国連で限界もありますし、この時点でG20から北朝鮮へ強いメッセージはもう十分出しているような気がしますけど。

(佐藤優) これ以上强いメッセージ出せないところまで行ってますよね。

それから、理論的には国連安全保障理事会でもっと厳しい措置ってあるんですよ。

これ以上弾道ミサイル続けたら武力行使を行うと。だから集団安全保障ですよね。

国連の集団安全保障として、再び国連軍によって攻めるという決議は理論的には可能です。

もちろん中国とロシアが拒否権を発動するでしょうど。

だから国連の組織と言うのは、強い事をやろうとすれば、憲章上は軍事行動まで踏み込めるわけですよ。

ですから徐々に外科手術、すなわち全面戦争じゃなくてもアメリカは空爆をするか。

あるいは金正恩を取りに行くか

そういうところにどんどん状況を追い込んでますよね

北朝鮮のICBMは完成に程遠い

ただね、今回ICBM騒ぎすぎだ

(野村邦丸)あ、そうですか。

(佐藤優)  ICBMと言うのは、単に向こうまでロケットで届けると言う話じゃないんですよね。

向こうの上空まで上がっていって大気圏を経て、落ちてくるときにちゃんとした角度で落ちてきて、弾頭が焼けないようにして、目的の場所に着くのを誘導する。

そういうことから見ると非常に韓国の発表が正確でしたけどね。まだスピードが全然足りない

こういったことを含めて初期のICBMだと

初期だと言う事強調してますよね。

日本とアメリカはICBMだと言っているのに対して、

ロシアは中距離弾道ミサイルだと言ってると。

だからうんと発達した中距離弾道店ミサイルとみるのか、それとも初期の大陸間弾道ミサイル・ICBMとみるのか。その分かれ目位でしょうね

(野村邦丸) うん

(佐藤優) だから今すぐ大変なことになると言う状況ではないです。

(野村邦丸) 昨日の朝日新聞には「北朝鮮のミサイル開発速度、予想を上回る」と言う見出しが出ています。

(佐藤優) ただ、中の記事を読むと、本当は再突入をするにはマッハ24必要なんだけれどもそこまで出てない。

だから技術的には全然不備だと。こういう話になっているわけですよね。

(野村邦丸) 現時点で北朝鮮がアメリカ合衆国のどこかを狙うICBMを最終形にするにはまだ時間がかかりそうですね。

(佐藤優) 相当時間がかかると私は見ています

北朝鮮の単純すぎる思考

ただし北朝鮮が「できたできた」と言うことになれば、今度アメリカが大変だったと言うことで「やめてくれ」と言う交渉に応じてくるんじゃないかと

とにかく北朝鮮は単戦(たんせん)志向ですね。

(野村邦丸) 単戦思考と言うのは?

(佐藤優) 要するにICBMに核弾頭搭載してアメリカまで到達させる。そうすればアメリカが折れて今の金正恩政権を認知する、そう決まってるんだと

その単戦思考で武力攻撃のシナリオと言うのはあまりない。

トランプは腰抜けだし、何百万人もの人間を犠牲になるような戦争は踏み込まないだろう、と軽く見てるところがありますね。

北朝鮮が核の小型化に成功した時、アメリカは北朝鮮を攻撃する

(野村邦丸) 今のところ日米間で話し合いをしても、新たな選択肢を選ぶと言う事はないだろうと北朝鮮は見てるし、その間に時間をかけてでもこのまま核開発を進めようと言うことですか

(佐藤大) 核の小型化を進めるでしょうね。

次の核実験で小型化の完全完成で、これはICBMに搭載可能だと言うことを言い始めると思う。制御システムができてなくてもね。

その段階でアメリカはどう動くか。いくつかの節目があるんですけれども、危ないんですよね。

アメリカ大陸に飛んでくるならば、たとえ朝鮮半島で百万人を超えるような犠牲者が出るとしても、戦争に踏み込むと言うシナリオを絶対にとらないといけないですからね

(野村邦丸) その段階まで今進みつつあると言うことですか。

(佐藤優)そうです。今年の5月位に日本は非常に緊張してましたよね。

あの時よりは緊張し始めましたよね。

(野村邦丸)新たな緊張の段階に突入したと言うことですか。

(佐藤優)たしかに弾道ミサイルとして距離のびていますからね。時間の問題なんですよ。

その時間がどれ位なのか。

その時間内で北朝鮮の経済が耐えきれるのか。

いろんな変数がありますよね。

〈書き起こしおわり〉

-くにまるジャパン, 佐藤優, 北朝鮮
-, ,

Copyright© 主任分析官ブログ | 佐藤優発言集 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.